WEBデザイン・ホームページ制作・チラシ・動画制作なら
フラミンゴにお任せ下さい

Blog

ブログ

  記事一覧 - Articles -

PHP

  2021/01/06 

PHPって何だろう?

Webサイト制作を行っていてよく耳にするのが「PHP」という言葉です。

PHPとは”PHP: Hypertext Preprocessor” を意味しておりWeb開発でよく使用されるスクリプト言語です。最近のWebサイトには必ずと言っていいほどPHPが使われています。

そこで今回はこのPHPについて説明したいと思います。

 

 

PHPって何?

PHPとは動きのある(以下動的)なサイトを作成するのに使われるプログラミング言語です。動的なサイトというのは見る人によってサイトに表示される内容が違っているサイトのことです。

例えば通販サイトであれば購入して商品は人によって違いますから、買い物カゴの内容はバラバラです。このようなものを表示されるのに使われつのがPHPです。

反対に静的なサイトに使われるプログラミング言語がHTMLです。静的なサイトはいつ誰が見ても同じ内容が表示されているサイトのことです。

 

 

PHPの特徴

PHPの主な特徴として動的なサイトを作成することがあげられます。具体的にはデータベースに保存されてる様々な情報を引き出し、その情報をサイトに表示させることができます。

 

 

PHPでできること

PHPは掲示板・問い合わせフォーム・ショッピングカートなどのサイトを作成することができます。サイトというよりはWebアプリケーションと言ってもいいでしょう。

たとえば問い合わせフォームでユーザーが入力した内容やショッピングカートでユーザーが購入した商品の種類や数によって確認画面などで表示される内容が変わりますが、これらはPHPの処理によって実現するものです。

以前に説明したWordPressもPHPを用いた有名なアプリケーションになります。

WordPressで作成されたWebページにユーザーがアクセスする度に、PHPがHTMLを生成して表示します。ユーザーが記事を投稿する度に新着記事として表示されたり、関連記事として紹介する記事が自動的に変更されたりといった処理もPHPによって可能となっているわけです。

コーディングをする画面

 

 

まとめ

いかがでしょうか?PHPを使用することにより色々なことができるようになります。

皆さんもPHPを学習し、自分の作りたいオリジナルのサイトを作成していきましょう。

 

 

 

この記事を読む

Word Press

  2021/01/05 

CMSって何だろう?

みなさん、「CMS」と言う言葉を聞いたことはあるでしょうか?

CMSとは「Contents Management System:コンテンツ・マネジメント・システム」の略で、簡単にいうとWebサイトのコンテンツを構成するテキストや画像、デザイン・レイアウト情報(テンプレート)などを一元的に保存・管理するシステムのことです。

代表的な CMSにはWordPress・Drupal・Joomla!などがあります。

そこで今回はCMSについて説明したいと思います。

 

CMSの役割

CMSの主な役割には、Webサイトのコンテンツを構成するテキストや画像、デザイン・レイアウト情報(テンプレート)などを一元的に保存・管理することがあります。

基本的にWebサイトを制作、更新するためにはたくさんのアルファベットで構成されたコードを入力する必要があります。コードを入力しないとWebは何を表示すればいいかわからないからです。しかし、知識のない人ではブログを更新するのも一苦労でしょう。

しかしCMSが導入されていればWebサイトを構成するテキストや画像、レイアウトは保存されているため改めて入力する必要はありません。

つまり、CMSを導入すればWebサイト政策に対する知識がない人でもコードを書くことなくブログなどを投稿することができるようになります。

 

 

CMSを導入するメリット

CMSを導入することで多くのメリットがあります。

 

専門知識なしでWebページの更新・追加が可能になる

先程も説明したように、CMSが導入されていればWebサイトの更新に必要な情報はすでに保存されていますので、専門的な知識がない人でもサイトも更新やコンテンツの追加ができるようになります。

 

Webサイト運用の分業化を推進できる

企業のWebサイトでは、ページごとに管理担当部門が異なることが少なくありません。

しかし、Webサイトを更新するのには専門的な知識が必要になりますが、全ての部門にITリテラシーの高い人がいるとは限りません。

そうなると更新するにはIT担当部署を通さなくてはいけなくなりますので、更新するスピードは遅くなってしまうでしょう。

CMSを導入すればITリテラシーが高くない人でも更新できますので、このような手間を簡略化するメリットがあります。

 

マルチデバイスへの対応が容易になる

最近ではスマートフォンでWebサイトを見る機会も増えてきましたが、PCとスマートフォンでは見え方が違いますので、当然CSSなどで見え方を変えなくてはいけません。しかし、一からコードを入力すると大変な作業になることでしょう。

そんなんときこそCMSの力が発揮されます。

Webページに必要なマスター画像やテキストなどのデータをデータベースに保存しておけば、そのデータを閲覧デバイスに対応したテンプレートに適用することで簡単にスマートフォンに対応させることができます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

CMSを導入することで多くのメリットがありますので、積極的に導入して快適なWebサイト運営をしていきましょう。

この記事を読む

ニュース

  2021/01/01 

新年あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます。

昨年は格別の御厚情を賜り、厚く御礼を申し上げます。

本年もご満足頂けるサービスを心がける所存でございますので、何とぞ昨年同様のご愛顧を賜わりますよう、お願い申し上げます。

皆様のご健勝と貴社の益々のご発展を心よりお祈り致します。

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

この記事を読む

ホームページ制作

  2020/08/24 

ホームページ 制作を依頼するときに最低限必要な知識とは?

ホームページ 制作は専門的な知識が必要な作業になります。

自社に ホームページについての専門的な知識を持っている人がいない場合は、ホームページ制作会社に制作を依頼するかと思います。

しかし、制作会社に依頼するからといって全く知識がないのもいけません。制作会社とのコミニュケーションに支障がでてしまい、最終的なクオリティに影響が出てしまいます。

そこで今回は、ホームページ 制作を制作会社に依頼する場合に、最低限知っておいたほうがいい知識をご紹介します。

 

 

ページ構成の基礎知識(HTML/CSS)

ホームページ を構成する基本的な要素は、大きく分けて2つになります。

1つは基本的な文章など、ホームページ 全体の骨組みとなるパーツを構成するものになります。そのパーツは「HTML」によって構成されています。

ホームページ を制作する場合、このHTMLによってまずは骨組みが作られます。

 

次に必要になるのは、装飾です。

HTMLでは基本的な文章などしか入力されていませんので、入力した文章を装飾する必要があります。

この時に使用されるのが「CSS(スタイルシート)」になります。

このCSSによってHTMLで作られ文章の文字に色をつけたり、大きさを変えたり、配置を変えたりすることができます。

他にも「PHP」などもありますが、まずは「HTML」と「CSS」によってホームページは作られていることを知っておきましょう。

コーディング画面

 

 

画像などを制作する知識

文章だけのホームページでは味気もなく、つまらないですよね。

そこで必要になってくるのはホームページ制作には欠かせない「画像」を製作する知識です。

画像を制作する場合、現在ですと「Adobe」が開発している「Illustrator(イラストレーター)」や「Photoshop(フォトショップ)」を使用して制作するのが一般的かと思います。

この2つのソフトは有料ソフトになりますので、もちろん無料のソフトでも構いません。しかし、無料ソフトの場合使える機能に制限がありますので、求めているクオリティにできない場合があります。

そのような場合は、有料のソフトを用意するか、画像加工を行なっている制作会社に依頼した方がいいでしょう。

また、ホームページで使用する画像には著作権が発生しますので、他のホームページからダウンロードした画像などを使用するときは、必ず著作権フリーの物か確認しましょう。

 

 

ホームページ制作後に必要なこと

 

SEO対策

ホームページは制作して終わりではありません。むしろ制作した後が大事といっていいでしょう。

ホームページは作るだけではなく、検索でユーザーに見られて初めて役割を果たします。しかし、ただホームページを作成しただけでは数多くあるホームページの中から見つけてもらうのは、かなり可能性が低くなります。

そのため「SEO対策」が必要となり、ここにどれだけ注力できるかがホームページの良し悪しに関わってきます。

 SEO対策についてはこちらに記事で説明していますので、ぜひご覧下さい。

 

「SEO」って何?初心者でもわかる、簡単な「SEO」と「SEO対策」

 

サーバー管理、メンテナンス

ホームページはサーバーにデータがあり、ユーザーがサーバーにアクセス123456んm、。・¥_することによってページが表示されます。

万が一、サーバーがストップしてしまうとホームページが見れなくなってしまいますので、きちんと管理が必要です。

月々の管理費の支払いや、メンテナンスもしっかりと行わないといけません。

ホームページは使っているソフトの更新などの影響により、以前とは異なる表示になる場合などもありますので、定期的なメンテナンスも必要になってきますので覚えておきましょう。

 

 

まとめ

今回は、ホームページ政策に対しての必要最低限の知識についてご説明しました。

今回ご紹介した知識があれば、ホームページ制作を他社に依頼した場合にも、担当者とスムーズにコミニュケーションをとることができ、よりクオリティの高いホームページが出来上がることでしょう。

この記事を読む

ホームページ制作

  2020/06/02 

サイトマップって何?:ホームページ制作の基礎知識

ホームページを作成するときに「サイトマップ 」という言葉を聞かれると思います。

ホームページ作成に関する気を知識がある方であれば「サイトマップ を作ってもらえますか?」と言われれば、どのようなものを作ればいいのかわかりますが、あまり詳しくない場合は「サイトマップ って何?」「サイトマップ って他の意味があるの?」と困惑してしまうかもしれません。

そこで今回は、サイトマップ とはどのようなものなのかご説明したいと思います。

 

 

サイトマップ その1:構築段階のサイトマップ 

サイトマップ という言葉には、まず構築段階で作成するサイトマップ とう意味があります。

まずは下図をご覧下さい。

https://www.office-template.net/template/35

 

こちらが構築段階でのサイトマップの参考例になります。

どのページからどのページに移動するかを簡単にまとめたものですね。このサイトマップを作成する事により、制作するホームページの導線がハッキリします。

 

 

サイトマップその2:ホームページに設置するサイトマップ

サイトマップには、ホームページ自体に表示するサイトマップという意味もあります。

下図をご覧下さい。

https://yuka001.com/wordpress/plugin/ps-auto-sitemap/

こちらがホームページに表示されるサイトマップになります。

ホームページに訪問したユーザーが、このホームページにはどんなページがあるのかが一目でわかりますので、素早く自分の読みたいページに移動することができます。

したがって、サイトマップを設置する事により、ユーザーアビリティのいいホームページにすることができます。

 

 

サイトマップその3;SEO対策のサイトマップ

この3番目のサイトマップが、おそらく一番わかりにくいサイトマップになるかもしれません。

このサイトマップは、ホームページ には一切表示される事はありませんが、SEO対策としては重要になります。

検索順位を決めるクローラーは人間ではなくコンピューターです。

その為、クローラーにわかる言葉でサイトマップを作成する事により、このホームページ はどんな事が書かれているかが分かりやすくなりますので、より検索順位が上がりやすくなります。

その為には、クローラーにわかるようなサイトマップ が必要になり、そのサイトマップ は「xmlサイトマップ 」と呼ばれるサイトマップ になります。

 

 

まとめ

今回は、サイトマップにはどのような種類があるかご説明しました。

次回は最後に登場した「xmlサイトマップ」について詳しく説明したいと思います。

 

この記事を読む

ホームページ制作

  2020/05/27 

初心者向け:ホームページ制作の手順を簡単にご紹介!

ホームページを制作しようと思ったけど、専門用語が多すぎて分からない・・・・

最初は何をしたらいいの?

 

いざホームページを制作しようと思った時に、何から始めていいか分からない人も多いと思います。

制作会社に依頼したら簡単だけど、できれば自分でやってみたい人もいるかと思いますので、今回はそのような人の為に、初心者でもわかるように簡単にホームページ制作に流れをご説明します。

 

 

企画

ホームページを作にはまず企画が大切です。

どのようなホームページするか、まずは企画を考えましょう。

 

 

設計

企画が出来上がったら、次は設計をしていきます。

設計にはいくつかの工程があります。

 

まずはサイトマップ制作。

サイトマップとはホームページ内の地図のようなもので、どこのページからどこのページに移動するかを分かりやすく図にしたものです。

 

次にワイヤーフレーム制作。

ワイヤーフレームとはページ毎に、何のコンテンツをどのように配置するかを決める下書きの様なものです。

 コーディング画面

 

 

制作

設計が終わったら、いよいよ制作段階に入ります。

制作の準備として、必要な画像やテキストをあらかじめ用意しておきましょう。そうすることにより、制作がスムーズに行えます。

制作もいくつかの段階があります。

 

まずはデザイン。

デザインはワイヤーフレームをもとに、実際のホームページと同じ様に仕上げます。この段階でホームページの見た目はほとんど決まります。

 

次にコーディング。

コーディングはデザインをもとに、実際にブラウザ上で見れるようにします。一般的なホームページ制作と聞いて思い浮かぶ工程がコーディングかと思います。

 

 

公開

最後にホームページができあがったら、インターネット上に公開しましょう。

公開は用意したサーバーにドメインを用意し、制作したホームページのデータをアップロードする事によりインターネット上で誰でも見ることができるようになります。

パソコン画面を眺める女性

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は初心者向けということで簡単に説明しましたが、ざっくり言うとこのような流れでホームページは制作されます。

ところどころに専門用語ができてきましたので、分かりにくかったかと思いますので、次回はもう少し掘り下げて説明していきましょう。

この記事を読む

ホームページ制作

  2020/05/26 

ホームページ制作でやってはいけないこと(制作会社選び編)

ホームページ制作をする場合、社内に制作できる人材がいる場合はその方に依頼すればいいと思いますが、いない場合は他社に制作を依頼するかと思います。

そんな時に重要になってくるのが「制作会社選び」です。

しかし、制作会社はとても多くあり、知識がない場合は何を基準に選べばいいかわからないかも知れません。

そこで今回はホームページ制作を依頼する会社を選ぶ場合に、やってはいけないコトをいくつかご紹介します。

 

 

途中解約ができない業者と契約する

ホームページ制作は「作って終わり」ではなく、ホームページの運営を制作会社に委託する事がほとんどです。
その場合、制作会社に運用管理費を支払うことになります。

月々の支払いをして運用をお願いしているにも関わらず、全く何もサポートしてくれないということも起こりうるので注意が必要です。

また、最も注意しなければいけないのが、途中解約できない契約内容になっていることです。

途中解約ができない契約の例として、リース契約があります。

 

リース契約の場合には以下の項目が該当します。

・事業者間(個人事業主を含む)の取引にはクーリングオフ制度が適用されません。
・リース契約後の中途解約もできません。

中小企業庁もホームページソフトの悪質なリース契約について注意喚起を行っていますので、リース契約をすすめてくるような業者は注意した方がいいでしょう。

クリーリングオフができませんと表示されているスマホ

 

 

適切な制作会社を選んでいない

ホームページの制作は多岐に及びます。

その為、ホームページの制作を依頼する場合はどのようなホームページにするかを事前に洗い出しておき、適切な制作会社に依頼する事が重要になります。

SEOを重視したホームページを制作したいのに、デザインを重視した制作会社に依頼しても意味がありません。

もし、どのようなホームページにしたらいいかがわからない場合は、依頼する会社を決める前に、事前準備としてホームページ制作の知識のある方や、ホームページを運用している会社の人などに聞くといいかもしれません。

制作会社の中には、制作を依頼しなくても相談ができる会社もありますので、まずは問い合わせてみるといいでしょう。

 

 

まとめ

今回はホームページ制作会社を選ぶ場合に、やってはいけいコトをご紹介しました。

制作会社選びはとても重要ですので、制作実績などもしっかりと考慮して選ぶことをオススメします。

 

この記事を読む

ホームページ制作

  2020/05/20 

ホームページはホントに必要?

今では多くの企業が自社のホームページを制作しています。

しかし、そこで一度立ち止まって考えてみたいことがあります。

それは『ホームページ ってホントに必要なの?』ということです。

そこで今回は、なぜ?ホームページを制作しなければいけないのかということについてお話ししたいと思います。

 

 

情報を発信することができない

ホームページを開設していない会社にもたらされるデメリットとして一番大きな影響としてあげられるのが、情報発信をすることが難しいということです。

ホームページから発信できる情報は様々なものがあり、製品やサービスに関するものだけでなく、会社の業績や企業概念、サービス内容、商品内容に至るまで大変多くのものが含まれます。

最近では何か気になる会社や、商品があった場合、まず最初に行うことがインターネットで検索することです。

以前では調べる手段がパソコンのみでしたので、本や雑誌で調べていたかと思いますが、今ではほとんどの人がスマートフォンを持っているため、まずはネットで検索をすることでしょう。

そんな時にホームページがない場合、他社た他商品から一歩スタートが遅れてしまうと言えるでしょう。

 

 

 

広告宣伝費用が安い

紙媒体を使用した広告宣伝の場合、大変多くに費用やコストを必要とします。

しかし、だからと言って与える影響は限定的な場面が多くあります。そもそも紙媒体というのは目につく範囲が狭く、ほとんどの人には目につくことがないでしょう。

また、ユーザー側が興味があるかどうかわからない状態でのアプローチとなりますので、あまり効率的とは言えないでしょう。

一方ホームページは、地域や時間など条件を選ぶことなく多く人にアプローチすることができます。また、自社の商品やサービスに興味がある人が自ら検索して情報を調べますので知ろうとする意欲は紙媒体とは全く異なります。

その為、より効果的なアプローチをすることができると言えるでしょう。

 

 

まとめ

今回は、なぜ?ホームページを制作したほうがいいかについてお話ししました。

まだまだ、制作したほうがいい理由はありますので、次の機会にお話ししましょう。

この記事を読む

ホームページ制作

  2020/04/27 

「格安!」のホームページ制作会社でも本当に大丈夫?

ホームページを制作する場合、費用はできる限り抑えたいですよね。

もちろん何事にも費用は抑えられた方がいいに決まっています。

 

そのようなこともあり「ホームページ 格安」などで検索をすると日本全国のいろいろな制作会社が出て来ます。

格安制作費8ページ50,000円!とか初回制作費0円で月々2,000円!とか、一見お得そうなキャッチコピーが並んでいます。

しかしよく考えてみると反対に「これで本当に商売が成り立つの?」と心配にもなったりします。

また、こういった格安制作会社は実際のところはどうなんだろう?と気にる方も多いと思います。そこで今回は、よくある格安ホームページ制作会社についてお話ししたいと思います。

 

 

格安にはワケがある

格安ホームページ制作会社が生き残っていくためには、人件費や作業時間をとにかく削って制作し、単価が低い分、次から次に回転させていくしかありません。

もちろん中には社内の制作工程を徹底的に効率化し、一部は人件費の安い海外にアウトソース、基幹部分は日本でしっかり管理したり、質の高いテンプレートをカスタマイズして低価格で素早く納品することで大きな成功を収めている会社もあると思います。

しかし、格安でホームページを制作するからには、短期間で制作して、納品してすぐ次のお客さんの制作に入らなければならないというような会社が大半を占めているのが現状です。
このような制作会社では「この安いプランに割ける時間は○時間程度、デザインの質はこの程度、ページボリュームはこの程度」という目安があります。
そのため、お客さまがもっと精度の高いものを要望しても対応できない(しない)ことが多くなります。

 

 

会って話せないことが多い

格安制作会社の場合、打ち合わせは直接会わないことがほとんとです。

経費を抑えるために、会う交通費を節約するのは当然と言えば当然かもしれません。

しかし、打ち合わせ方法、連絡方法もメールのみ、よくてTELという状況ですと、顔を合わせてお互いの話しの中で、表情やニュアンスから、落としどころを把握することが出来ず、お互いだんだんと不満が積もってくるケースもあります。

 

高まるホームページの重要性

数年前とは違い、今では誰しもがスマートフォンを持っています。

パソコンが苦手な主婦も年輩の方も、学生も、そして会社のパソコンでは調べづらかったプライベートなことも、全部、自分がいつも持ち歩いているスマートフォンで探せるようになりました。

「何かを買いたい、依頼したい」会社を探す時に、スマートフォンで検索するのは当たり前で、当然最初に商品や会社のイメージを与えるのはホームページということになります。

したがって、ホームページは今や必要不可欠な投資となっており、その時に格安で制作したデザインの場合あまりいいイメージを与え得ることができずに、消費者の選考から外れてしまう可能性が高くなってしまいます。

 

 

まとめ

今回は格安ホームページ制作会社についてお話ししました。

費用を抑えられることは大変大きなメリットになりますが、もちろんその分デメリットもあります。

そのことを踏まえてしっかりと考え、自分達に会った制作会社を見つけていきましょう。

この記事を読む

ホームページ制作

  2020/04/24 

ホームページ作成依頼は制作会社と個人のどちらがいい?

ホームページ作成を検討していて、ホームページ制作会社と個人(フリーランス)のどちらに依頼すべきか悩んでいる方は多いのではないでしょうか?

そこで今回はホームページ制作会社と、個人のメリットやデメリットについてご説明します。

今回ご紹介する選び方のポイントをおさえ、自分に最適な依頼先にホームページ作成を代行してもらいましょう。

 

 

ホームページ制作会社に依頼する場合

ホームページ制作会社は、ホームページの制作から運用まで幅広く行います。

一括りにホームページ制作会社といっても大変多くの会社があり、会社によってデザインに強い会社、SEOに強いなど会社、トータル的に力を入れている会社など、会社によって特徴が異なります。

 

メリット

ホームページ制作会社に代行を依頼するメリットは、大きく以下の2点が挙げられます。

 

・クオリティの高いホームページが出来上がる
・運営を代行してもらえる

 

ホームページ制作会社では、クライアントの要望を聞き出すために何度も打ち合わせを行い、プロのWebデザイナーやプログラマーが作成します。

特に、比較的規模が大きいホームページ制作会社では競合調査や市場調査まで行われるため、クオリティの高いホームページが期待できます。

 

さらに、ホームページ制作会社によっては公開後の運営を代行してもらうことができます。ホームページ公開後には、情報の更新やサーバーの管理などさまざまな運営作業が必要なため、なかなか時間がないという方は運営を代行してもらうことをおすすめします。

 

デメリット

一方、ホームページ制作会社に代行を依頼するデメリットは、費用がかかることです。

ホームページ制作会社にはプロが集まり、制作を一手に引き受けるため、その分費用が高くなります。

ホームページ制作会社の費用は、ホームページ制作会社の規模や作成するホームページのページ数にもよりますが、最低でも20万円ほどはかかります。運営代行を依頼した場合、月々3万円程度の費用も必要です。

 

制作のスキルがある個人に依頼する場合

ホームページ制作は、フリーランスのようなスキルがある個人に依頼することもできます。

近くにホームページを作成できる人がいなければ、クラウドサービスで探すこともできます。

 

メリット

ホームページを個人に依頼するメリットとして、費用を安く抑えられる場合があります。制作会社とは違い、一人で行っているため人件費を安く抑えられるからです。

また個人の場合、デザインの変更や修正など制作している側と依頼している側が直接連絡を取りますので、柔軟に対応することが出来るのもメリットと言えます。さらに制作会社の場合、ディレクターやWebデザイナーなど多くの人が制作に関わるため、依頼者の意見が制作担当までスムーズの伝わらない場合があります。

しかし個人の場合では、直接意見を交換できますので、スピーディーかつダイレクトにホームページに意見を反映することが出来ます。

 

デメリット

個人に依頼する場合以下のデメリットがあげられます。

 

・サポート体制が不十分
・納期に遅れるリスクが高い

 

フリーランスは1人で作成を行なっているため、サポートにまで手が回らない可能性があります。さらに、フリーランスが病気や怪我をした場合、他に担当する社員もいないため、納期に遅れるリスクが高いのもデメリットです。

またホームページ制作会社と同様に、デザインに強い、SEO対策に強いなどの強みがあります。

個人の場合一人で行っているため、弱い部分が補えない場合がありますので注意が必要です。

 

 

まとめ

今回は、ホームページ制作を依頼する場合に、ホームページ制作会社に依頼する場合と個人に依頼する場合のメリットとデメリットを、それぞれご紹介しました。

両方ともにメリットとデメリットがありますので、違いをきちんと理解して、自分に最適な依頼先にホームページ作成を代行してもらいましょう。

この記事を読む
ホームページ制作ならフラミンゴ

Copyright© FLAMINGO , 2021 All Rights Reserved.