WEBデザイン・ホームページ制作・チラシ・動画制作なら
フラミンゴにお任せ下さい

PHPって何だろう?

 
悩んでいる女性

Webサイト制作を行っていてよく耳にするのが「PHP」という言葉です。

PHPとは”PHP: Hypertext Preprocessor” を意味しておりWeb開発でよく使用されるスクリプト言語です。最近のWebサイトには必ずと言っていいほどPHPが使われています。

そこで今回はこのPHPについて説明したいと思います。

 

 

PHPって何?

PHPとは動きのある(以下動的)なサイトを作成するのに使われるプログラミング言語です。動的なサイトというのは見る人によってサイトに表示される内容が違っているサイトのことです。

例えば通販サイトであれば購入して商品は人によって違いますから、買い物カゴの内容はバラバラです。このようなものを表示されるのに使われつのがPHPです。

反対に静的なサイトに使われるプログラミング言語がHTMLです。静的なサイトはいつ誰が見ても同じ内容が表示されているサイトのことです。

 

 

PHPの特徴

PHPの主な特徴として動的なサイトを作成することがあげられます。具体的にはデータベースに保存されてる様々な情報を引き出し、その情報をサイトに表示させることができます。

 

 

PHPでできること

PHPは掲示板・問い合わせフォーム・ショッピングカートなどのサイトを作成することができます。サイトというよりはWebアプリケーションと言ってもいいでしょう。

たとえば問い合わせフォームでユーザーが入力した内容やショッピングカートでユーザーが購入した商品の種類や数によって確認画面などで表示される内容が変わりますが、これらはPHPの処理によって実現するものです。

以前に説明したWordPressもPHPを用いた有名なアプリケーションになります。

WordPressで作成されたWebページにユーザーがアクセスする度に、PHPがHTMLを生成して表示します。ユーザーが記事を投稿する度に新着記事として表示されたり、関連記事として紹介する記事が自動的に変更されたりといった処理もPHPによって可能となっているわけです。

コーディングをする画面

 

 

まとめ

いかがでしょうか?PHPを使用することにより色々なことができるようになります。

皆さんもPHPを学習し、自分の作りたいオリジナルのサイトを作成していきましょう。

 

 

 

Copyright© FLAMINGO , 2021 All Rights Reserved.