WEBデザイン・ホームページ制作・チラシ・動画制作なら
フラミンゴにお任せ下さい

CMSって何だろう?

 

みなさん、「CMS」と言う言葉を聞いたことはあるでしょうか?

CMSとは「Contents Management System:コンテンツ・マネジメント・システム」の略で、簡単にいうとWebサイトのコンテンツを構成するテキストや画像、デザイン・レイアウト情報(テンプレート)などを一元的に保存・管理するシステムのことです。

代表的な CMSにはWordPress・Drupal・Joomla!などがあります。

そこで今回はCMSについて説明したいと思います。

 

CMSの役割

CMSの主な役割には、Webサイトのコンテンツを構成するテキストや画像、デザイン・レイアウト情報(テンプレート)などを一元的に保存・管理することがあります。

基本的にWebサイトを制作、更新するためにはたくさんのアルファベットで構成されたコードを入力する必要があります。コードを入力しないとWebは何を表示すればいいかわからないからです。しかし、知識のない人ではブログを更新するのも一苦労でしょう。

しかしCMSが導入されていればWebサイトを構成するテキストや画像、レイアウトは保存されているため改めて入力する必要はありません。

つまり、CMSを導入すればWebサイト政策に対する知識がない人でもコードを書くことなくブログなどを投稿することができるようになります。

 

 

CMSを導入するメリット

CMSを導入することで多くのメリットがあります。

 

専門知識なしでWebページの更新・追加が可能になる

先程も説明したように、CMSが導入されていればWebサイトの更新に必要な情報はすでに保存されていますので、専門的な知識がない人でもサイトも更新やコンテンツの追加ができるようになります。

 

Webサイト運用の分業化を推進できる

企業のWebサイトでは、ページごとに管理担当部門が異なることが少なくありません。

しかし、Webサイトを更新するのには専門的な知識が必要になりますが、全ての部門にITリテラシーの高い人がいるとは限りません。

そうなると更新するにはIT担当部署を通さなくてはいけなくなりますので、更新するスピードは遅くなってしまうでしょう。

CMSを導入すればITリテラシーが高くない人でも更新できますので、このような手間を簡略化するメリットがあります。

 

マルチデバイスへの対応が容易になる

最近ではスマートフォンでWebサイトを見る機会も増えてきましたが、PCとスマートフォンでは見え方が違いますので、当然CSSなどで見え方を変えなくてはいけません。しかし、一からコードを入力すると大変な作業になることでしょう。

そんなんときこそCMSの力が発揮されます。

Webページに必要なマスター画像やテキストなどのデータをデータベースに保存しておけば、そのデータを閲覧デバイスに対応したテンプレートに適用することで簡単にスマートフォンに対応させることができます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

CMSを導入することで多くのメリットがありますので、積極的に導入して快適なWebサイト運営をしていきましょう。

Copyright© FLAMINGO , 2021 All Rights Reserved.