WEBデザイン・ホームページ制作・チラシ・動画制作なら
フラミンゴにお任せ下さい

ホームページ作成依頼は制作会社と個人のどちらがいい?

2020/05/20
 
パソコンとコーヒーカップ

ホームページ作成を検討していて、ホームページ制作会社と個人(フリーランス)のどちらに依頼すべきか悩んでいる方は多いのではないでしょうか?

そこで今回はホームページ制作会社と、個人のメリットやデメリットについてご説明します。

今回ご紹介する選び方のポイントをおさえ、自分に最適な依頼先にホームページ作成を代行してもらいましょう。

 

 

ホームページ制作会社に依頼する場合

ホームページ制作会社は、ホームページの制作から運用まで幅広く行います。

一括りにホームページ制作会社といっても大変多くの会社があり、会社によってデザインに強い会社、SEOに強いなど会社、トータル的に力を入れている会社など、会社によって特徴が異なります。

 

メリット

ホームページ制作会社に代行を依頼するメリットは、大きく以下の2点が挙げられます。

 

・クオリティの高いホームページが出来上がる
・運営を代行してもらえる

 

ホームページ制作会社では、クライアントの要望を聞き出すために何度も打ち合わせを行い、プロのWebデザイナーやプログラマーが作成します。

特に、比較的規模が大きいホームページ制作会社では競合調査や市場調査まで行われるため、クオリティの高いホームページが期待できます。

 

さらに、ホームページ制作会社によっては公開後の運営を代行してもらうことができます。ホームページ公開後には、情報の更新やサーバーの管理などさまざまな運営作業が必要なため、なかなか時間がないという方は運営を代行してもらうことをおすすめします。

 

デメリット

一方、ホームページ制作会社に代行を依頼するデメリットは、費用がかかることです。

ホームページ制作会社にはプロが集まり、制作を一手に引き受けるため、その分費用が高くなります。

ホームページ制作会社の費用は、ホームページ制作会社の規模や作成するホームページのページ数にもよりますが、最低でも20万円ほどはかかります。運営代行を依頼した場合、月々3万円程度の費用も必要です。

 

制作のスキルがある個人に依頼する場合

ホームページ制作は、フリーランスのようなスキルがある個人に依頼することもできます。

近くにホームページを作成できる人がいなければ、クラウドサービスで探すこともできます。

 

メリット

ホームページを個人に依頼するメリットとして、費用を安く抑えられる場合があります。制作会社とは違い、一人で行っているため人件費を安く抑えられるからです。

また個人の場合、デザインの変更や修正など制作している側と依頼している側が直接連絡を取りますので、柔軟に対応することが出来るのもメリットと言えます。さらに制作会社の場合、ディレクターやWebデザイナーなど多くの人が制作に関わるため、依頼者の意見が制作担当までスムーズの伝わらない場合があります。

しかし個人の場合では、直接意見を交換できますので、スピーディーかつダイレクトにホームページに意見を反映することが出来ます。

 

デメリット

個人に依頼する場合以下のデメリットがあげられます。

 

・サポート体制が不十分
・納期に遅れるリスクが高い

 

フリーランスは1人で作成を行なっているため、サポートにまで手が回らない可能性があります。さらに、フリーランスが病気や怪我をした場合、他に担当する社員もいないため、納期に遅れるリスクが高いのもデメリットです。

またホームページ制作会社と同様に、デザインに強い、SEO対策に強いなどの強みがあります。

個人の場合一人で行っているため、弱い部分が補えない場合がありますので注意が必要です。

 

 

まとめ

今回は、ホームページ制作を依頼する場合に、ホームページ制作会社に依頼する場合と個人に依頼する場合のメリットとデメリットを、それぞれご紹介しました。

両方ともにメリットとデメリットがありますので、違いをきちんと理解して、自分に最適な依頼先にホームページ作成を代行してもらいましょう。

Copyright© FLAMINGO , 2020 All Rights Reserved.